WiMAX2+の速度制限は3種類|中には恐怖の内容も!

WiMAX2+には速度制限が用意されています。

この速度制限は一部のユーザーが回線を独占しないように設けられているものなんですが、内容はどのようになっているのでしょうか?

実は速度制限と言っても、種類が3つもあるんです。

そして中には世にも恐ろしい速度制限も用意されていたりします。

今回の内容をチェックして速度制限にならないように注意しながらWiMAX2+を利用するようにしましょう!

 

3つの速度制限とは?

WiMAX2+の3つの速度制限とはこちらの3つです。

  • ギガ放題の速度制限
  • フラットプランの速度制限
  • 4G LTE回線利用時の速度制限

先に言ってしまうと、恐ろしい内容の速度制限はフラットプランと4G LTE回線利用時の速度制限です。

では内容を見ていきましょう。

 

①ギガ放題の速度制限

1つ目がギガ放題の速度制限ですね。

こちらは直近3日間の通信量が10GBになったときに起こる速度制限です。速度制限の内容はこちら。


  • 10GBを超えた次の日の18時~翌日2時までの8時間に速度制限
  • 1Mbpsの速度に制限される

ギガ放題の速度制限は正直そこまで厳しくないです。

速度制限と言ってもとりあえず1Mbpsは出るので、普通にネットを使う分には全く問題ないでしょう。

問題は次の2つの速度制限ですね。

 

②フラットプランの速度制限

フラットプランでは月に7GBが上限となっていますので、7GBを超えると速度制限がかかります。内容はこちら。


  • 月末まで128kbpsの速度になる
  • 月が変わるまで解除はできない

先ほどのギガ放題とは速度が断然違いますし、解除されないのも大きく違う部分です。

128kbpsは正直使い物にならないレベルです。

  • 動画⇒まったく再生できない
  • ホームページ⇒かろうじて表示できる
  • ライン、メール⇒問題なくできる

もはや普通に使えるのがラインやメールくらいというね…

速度制限が怖い人はフランとプランは契約しない方がいいです。

 

③4G LTE回線利用時の速度制限

最後3つ目が4G LTE回線を利用した時に起こる速度制限です。

この4G LTE回線を利用する通信モードのことをハイスピードプラスエリアモードと言います。

これはWiMAXの電波が届かないエリアで4G LTE回線を利用してネットに繋げる通信モードのことです。

この通信モードがかなりやっかいな内容となっています。


  • 月末まで128kbpsに制限
  • 月が変わるまで解除されない
  • ハイスピードプラスエリアモードを使った途端に7GBの上限になる
  • 7GBの上限はWiMAX2+回線と4G LTE回線の通信量の合計

基本はフラットプランと同じ内容なんですが、やっかいな部分がハイスピードプラスエリアモードを使った途端に7GBの上限が設けられるということですね。

これ、つまりギガ放題を使っている人も7GBの餌食になってしまうということなんです。

なのでギガ放題を使っている人は十分注意してくださいね!

ハイスピードプラスエリアモードを使ったのにいつものペースでWi-Fiを使っているとあっという間に7GBに達してしまいます。

ちなみにこのハイスピードプラスエリアモードは利用した月のみ1005円の別料金が発生します。

ただ、実はこの別料金を無料にする方法も存在します。こちらです。

  • 3年契約にする
  • auスマートバリューmineを契約する

3年契約はまあ長期契約ということで無料にしてくれるんでしょうね。これくらいしてもらわないと3年契約のメリットがありません。

で、2番目のauスマートバリューmineなんかはかなり便利ですね。

auのスマホユーザーならこのauスマートバリューmineに無料で登録できて、なおかつハイスピードプラスエリアモードを無料で利用できる。

auスマートバリューmineについてはこちらの記事でも解説していますので、気になる方は読んでみてくださいね。