WiMAX2+のハイスピードプラスエリアモードって何?本当に必要?

WiMAX2+ではハイスピードプラスエリアモードというサービスがあります。

このサービスっていったい何なんでしょうか?そして本当に必要なサービスなんでしょうか?

私自身も良く知らなかった部分があったので調べてみたんですが、どうやらメリットもあればデメリットもあるようです。

基本使わないことが多いサービスですが、知っておいて損はありません。

今回はハイスピードプラスエリアモードの詳細を解説していきます。

 

ハイスピードプラスエリアモードとは?

ハイスピードプラスエリアモードとはWiMAX2+のエリア外でインターネットが使えるようにするための通信モードです。

WiMAX2+ってけっこうエリア外の場所って多いんですよね。

  • 地方
  • 山間部
  • 離島
  • 地下

などですね。

ですが、ハイスピードプラスエリアモードを使うことでこれらのエリアでもインターネットが使えるようになります。

なぜネットが使えるようになるかと言えば、auの4G LTE回線を利用するからです。

ただし、一見便利そうなハイスピードプラスエリアモードですが、次に紹介するような注意点があります。

 

追加料金がかかる

ハイスピードプラスエリアモードは基本使わなければ料金はかかりませんが、使った場合は1005円/月の追加料金がかかります。

しかも追加料金は日割ではなく固定の1005円です。

なので例えば月末に1回だけハイスピードプラスエリアモードを使ったとしても、1005円がかかってしまうということなんです。

そしてさらに怖いのが速度制限です。

 

7GBオーバーで速度制限がかかる

ハイスピードプラスエリアモードの一番の注意点はこの速度制限かもしれません。

ハイスピードプラスエリアモードは決して使い放題ではなく、7GBという通信量の制限があります。

この7GBをオーバーしてしまうと月末まで128kbpsに速度制限されてしまいます。

これ、ハッキリ言って使い物にならない速度です。通常のネット利用は諦めましょう。

そして、さらに厄介なことがギガ放題でもこの通信制限の対象になるということ。

例えばですがギガ放題を契約していて、このハイスピードプラスエリアモードを使ったとしましょう。

すると使った瞬間に7GBの通信量上限ができてしまうんです。もはやギガ放題とは言えませんよね。

(例)これでもアウト

  • WiMAX2+ … 6GB
  • 4G LTE … 1GB

このようにWiMAX2+が使い放題ではなくなってしまうんですね。注意しましょう!

 

ハイスピードプラスエリアモードを無料にする方法

ハイスピードプラスエリアモードは月に1005円かかると話しましたが、実は無料にする方法が2つあります。こちらです。

  • 3年契約にする
  • auスマートバリューmineを契約する

このうち3年契約はあまりおすすめできません。解約月が3年に一回しか来ませんしね。

代わりにおすすめなのがauスマートバリューmineを契約する方法。

こちらはauのスマホユーザー限定なんですが、無料で契約できるサービスです。

詳細についてはこちらの記事で解説していますので、よかったら参考にしてみてください。